So-net無料ブログ作成
検索選択

本日の復習6月30日 [お稽古で習うこと]

本日は有難うございました。
再度復習ポイントをまとめたので、参考にしてみてください☆

〈まずは準備を!〉
・腰紐、だて締めは結び目を解いて
中心をとりやすいように椅子などにかける
・長襦袢の半襟にえりしんを通す
・足袋をはく

ここまでできたら肌襦袢と裾よけをつけます。

1:〈 肌襦袢、裾よけ 〉
a 裾よけをつけるときは、右太ももが隠れる程度に前幅を調節して、
 左右の端をねじりながらお腹にぴったりとあて、紐をしめます
b 肌襦袢をつける
 ※襟足からこぶし2つぶんくらいあけてゆったりと着る。背中の下のほうを持って
  後ろにぐっとひっぱると襟が抜けやすいです
DSC04028.JPG
2:〈 長襦袢 〉
a 長襦袢の袖をもって、右手から左手と、順番に下のほうから袖をとおす
b 両袖口を手でつまんで、軽くひっぱり左右が同じ長さになるように
c 背中心が背骨にのっているか確認!
d 襟の下のほうをもって、えもんを抜く。拳ひとつ分くらいあけてゆったりめに
e 襟の下のほうをもって、右手で左のバストをつつむように、左手で右手のバストを包むように
 襟をあわせる
d バストのすぐ下でだて締めをしめる。紐が交差しているところで締めるとよく締まります
※襦袢の襟をあわせたところから、のどのくぼみがぎりぎり見えるように
DSC04030.JPG
DSC04029.JPG
3 〈 着物
a 着物をはおる。まず自分を着物でくるむように着物の間にたち、
 長襦袢の襟がくずれないように、下から上へとはおります。
 長襦袢のおそでを持って、右袖→左袖の順番に袖を通す。
 襦袢のたもとはこのとき着物の中にいれる
 
b 着物をひらいて、左の脇線を自分の体の半分くらいのところにあて
 前幅をきめます。
c もう一度着物をひらいて着物を畳ぎりぎりのところまで落とし
 右手で畳をはくように、左脇したまでもってきて、ここで畳から10〜15センチ程
 あげます
d cの位置を左ひじでおさえながら、左手を右脇腹にもっていき、畳から2〜3センチ
 褄(つま)をあげます
e dの位置を右手でしっかりおさえながら
 左手でお腹まわり〜背中の着物のしわを上方向に引き上げてから、腰紐をしめます
 ※この腰紐がゆるいと着物がずれてきますので、ややしっかり目に締めて下さい
 ※紐をしめるとき、一重めと二重めが重なるように気をつけて
f おはしよりを出します。身八口(みやつぐち)から両手を入れ、前後ろともに
 おはしよりを整えます
g  今一度、背中心を確認します!
h  首の後ろに手をのばし、長襦袢の襟をきもののえりで隠し、耳下のところから長襦袢の
  襟をすこしずつみせて着物の襟を長襦袢にそわせます
※襦袢の襟は指2本分見せるくらいが目安です。
DSC04033.JPG
 ※下前(したまえ)の襟は帯をしめてしまうと乱れていても直せないので、
  この時点で着物の襟が襦袢の襟に添わずに浮いてしまう人は、 
  写真のように、すこしひっぱるといいでしょう
DSC04031.JPG
 

i 着物の襟がくずれないようにおさえながら
 2枚かさなっている下前のお端折りを1枚に折ってだて締めをしめます
j 背中をさわって、皺がよっていたら丁寧にのばします。
 だて締めに親指をいれ、背中の皺を脇の下までぐっと持ってきます。
 背中にたるみがある場合はだて締めの下でひっぱるとすっきりします。

今日は鏡を使わないレッスンでしたが、本当にとっても上手に着れていました!
鏡を使わなかったぶん、特にわかりにくかったと思いますが
着物を羽織る時はどうしても手先に神経がいきがちで
着物のすそが上がってしまいます。
着物をあわせるときは、着物のすそで畳をはくようなイメージで
畳とすれすれのところで、あわせてみてください。

着物は体に布を添わせて着るので、洋服だと意識しませんが
自分の体の中心や、おへそや腰の位置などを確かめながら着付けます。
これを忠実に行うと全身がうつる鏡がなくっても着られます。
(もちろん、あると便利ですけど)
洋服とちがって、こういうところが面白いな〜
と思うのは私だけでしょうか…。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

チカ

はじめまして。
sary13ちゃんにご紹介いただいたチカと申します。

私も着物が自分の身体を気付かせる点をとても面白く思っています。
歩くときもねじらずにコアを意識するので自然と腹筋が引き締まるし、重心が分散せずに中央に寄っていくのが面白いです。
着物を着るようになって、身体の意識が変わり、秘められた力に気付かされました。いつの間にやら腰痛も消えましたし。
着物を着ることは、私にとって整体などの民間医療・代替医療と同じく健康を保つ上で欠かせません。

またお邪魔させていただきます。
by チカ (2010-07-05 10:14) 

triko

チカさん、コメントありがとうございます!
sary13さんからお話を伺っていました〜。
ブログも拝見しました。
私も着物を着るようになって身体に敏感になりました。チカさんと
まったくおんなじ気持ちです。
この感じを共感できる人がいて嬉しい…。
私は茶道をやっているんですが、茶道もさらに身体感覚を敏感にしてくれました。
いつかチカさんにお会いしてこんなお話を沢山したいですね☆
by triko (2010-07-16 18:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。