So-net無料ブログ作成
検索選択

染め変えられた着物 [着物コーディネイト]

写真は錦紗(きんしゃ)ちりめんの着物
細い繊細な糸で織られた絹です。
手触りはふわふわ、と極上のやわらかさ。
表面の光沢はあたかも、北国に降り積もった雪に
一縷の陽射しがあたったかのような、おごそかなきらめきです。

この着物は黒と赤の大胆な麻の葉模様で
かなりかっこよく潔い柄ですが
よーくみると、もともとは大輪の菊の柄だったとわかります。
染め変えられて、このような柄になっているのです。
はじめ薄い色だった着物を、それよりも濃い色に染め変えれば
同じ反物でもまったく別なように着られます。
せっかく、蚕が一生懸命口から吐き出し、糸をつむぎ、
織られ、染められ仕立てられた着物ですものね。
大切にたいせつに着るのがいいですね。

今ちまたで噂の「スローライフ」というのは
ユーザーの手元に届くまでの行程が
おっそろしく「スロー」=手間と時間がかかる のであって
けっして楽だけをして、暇にして得られるものではない ということが
このように、着物を通して伺えるようです。

手持ちのお着物で、単色で淡く染められた着物ですと
このように染め変えて着ることができますので
染色の専門のお店にご相談されてみては如何でしょう☆
DSC04041.JPG
DSC04046.JPG
DSC04040.JPG
DSC04043.JPG
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

sary子

すごく大好き!!なコーディネートです♪

帯と帯締めのいろを同系色にする、そんなあわせ方もあるのですねー
わたし帯締めは色をかえて目立たせなきゃ」いけないもの・・なんてあたまでした。

自分の好みの色に染め変えてもらう、
なんだか贅沢な上級おしゃれ いつかしてみたいなあ
by sary子 (2010-06-14 10:50) 

triko

sary子さん、コメント有難うございます。
気に入ってもらえて良かった〜。
sary子さんに、絶対似合うと思うなぁ。
着物の柄が派手でパンチがきいてるので
帯締めや帯揚げを控えめにしてみたら着物が引き立ちました。

自分の「絶対好き」をオーダーするって、本当に贅沢ですよね。
私もいつかやってみたいです〜。


by triko (2010-06-14 12:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。