So-net無料ブログ作成

鴨川沿いを歩きたい [着物コーディネイト]

くずし麻の葉もようの夏きもの。
素材はずばり麻です。
しゃきっとした生地感のわりに
全体がふんわりした印象なのは
白と薄紫の市松模様が地に染められているから。
そして帯はあっさりと無地の博多帯(でた!まただよ〜)
を合わせました。
帯締めのピンクオレンジがめりはりを与えていますね。


夏着物は意外と涼しいと以前に書いた気がしますが
それを主人に話したらすんなりわかってもらえました。
なぜなら自然界の動物(鳥をイメージすると解りやすいかも)は
殆どの動物が冬毛と夏毛が生え変わります。
つまりたった2種類の毛で自然界の中をしのいでいるということ。
「きっとその2種類の体毛は優れた体温調整術を持ってるんでしょう?」と。
こちらの着物は麻(植物)ですが、絹で出来た夏着物だってあります。
絹も蚕からできた糸だから
体温調整の隠れた技がきっとあるのでしょうね。


というわけで、夏に着物を着るならぜったい
天然繊維のものを着て下さい〜!
できれば肌襦袢や浴衣下などの下着も100%天然素材にして頂けたら…。
そして日傘をさせば(この日傘もやはりマストハブです)
印象派の絵にでてきそうな着物姿の完成です。


DSC03925.JPG

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。