So-net無料ブログ作成
検索選択

ごあいさつ

〈 はじめに 〉
着物を自分で着られるようになったのは
東京にあるアンティーク着物ショップで開催されていた
着付け教室に参加したのがきっかけでした。
それは2時間で着物の着方をひと通り教わるという内容で
ものすごーく不器用で覚えが悪い私ですが
「着たい」という熱意があったからか
その場でがんばって着付けを覚え
翌日には着物を着て、さっそく遊びに出かけたものでした。
「着物は着たいけど、着付け教室が高額だし、着付けも難しそう…」と
着物を着ることをあきらめていましたが
当時まだ大学生だった私の先入観は
こうしてみごとにくつがえされたのです。
「着物は、こちらが思っているよりも簡単に着られる ! 」
それがわかった瞬間「お出かけ時に着物」という選択肢がひとつ増え
お洒落の幅もぐんと広がりました。


着物は日本の女性に与えられた特権のようなもの。
まるで一幅の絵のような
自然の恵みと人の手仕事の温かさを感じる布で
大事に、大事に自分の体を包みます。
どんな体型でも布が体に寄り添ってくれるのです。
それにお洋服よりも自然と動作が女性らしくなります。
とにかく着てみると楽しい発見がいっぱいです。
そんなうれしい「驚き」をお伝えできたらと思い
着付けの教室を始めることにしました。

この教室は「お稽古に通いたいけれどお忙しい」という方のために
たった2回のレッスン
名古屋帯のお太鼓結びができるようになることを目標とした集中型のものです。
またご希望があれば浴衣や他の帯結びのレッスンも行います!
「とにかく着物が着たい」と
思われるかたは是非いらしてください。

また「着物の組み合わせ方がわからない」ですとか
結婚式に出るのに、着付けをして欲しい」といった
ご質問やご要望にもお答えします。
今よりもっと、着物を着る女性が増えるように…と願いを込めて。

どうぞ宜しくお願いいたします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。